Home > CPCとは

CPCのお手入れについて

より永く、愛車の美しさを守るために

定期的に洗車して下さい

お車は汚れたら洗ってください。放置しますと、最初に汚れた部分に汚れが重なり、 取れにくくなります。

CPCペイントシーラントは納車後1週間以内は、ブラシ等傷が付く恐れのある洗車機による洗車はしないでください。尚、1週間以内であっても手洗い洗車は差支えありませんので、汚れたら手洗い洗車を行ってください。

洗車後は必ず水滴を拭き取ってください。 水滴が残っているとシミになる場合があります。

水洗いで落ちない汚れや、ピッチ、タール等が付着した場合は専用のメンテナンスクリーナーで除去してください。 一般に市販されているクリーナーや水垢取り、ピッチクリーナー等は、ご使用にならないでください。

濃色車は汚れや酸性雨による雨染みが目立ちやすくなることがありますので、雨の後は早めの洗車をおすすめします。時間が無い時は、異物等にご注意いただきながら雨水を拭き取るだけでも効果があります。なお、水道水に含まれる成分等により、酸性雨による影響と同様にシミになる場合がありますので、洗車後は必ず水滴を拭き取ってください。

こんなにカンタン愛車のお手入れ

普通の汚れは水洗いでOK。水洗いで落ちない汚れが付着している場合は、付属のメンテナンスクリーナーをお使いください。施工車には専用のメンテナンスクリーナーが入ったメンテナンスキットを用意しております。

※クリーナー、またはキットの内容は販売店により異なる場合があります。また、仕様は予告なく変更する場合があります。

  1. 納車後、CPCペイントシーラント施工車は約10日前後を目安に洗車して水分を拭き取った後、ボディ全体にご使用ください。
  2. 普段のお手入れの際、水洗いで落ちない汚れがある場合、部分的にご使用ください。
  3. 1年に2〜3回、洗車後にボディ全体へのご使用をおすすめします。

※CPCメンテナンスクリーナー以外のクリーナーはご使用にならないでください。

水洗い洗車は定期的に実施
してくだい。

洗車はやわらかいスポンジや、合成セーム等を使用し、車体に十分水をかけながら汚れを洗い流してください。拭き取りは合成セームをお勧め致します。新しく硬いタオル等をご使用されますと細かい傷がつく恐れがありますのでご使用をひかえてください。

※砂・土等による傷の防止のため水をかけながらの洗車をお勧め致します。

たくさんつける必要は
ありません

メンテナンスクリーナーの容器を振りスポンジまたは柔らかいネル布等につけてください。

※メンテナンスクリーナのご使用時はボディに少々水分が残っていてもかまいません。

薄く伸ばすことが
ポイントです。

ムラにならないように薄くさっと塗り広げてください

※頑固な汚れが付着して取れない部分は、汚れをぬるま湯等でふやかしてから行うと効果的です。一気に塗ってしまうと乾きすぎて拭き取りにくくなります。

塗ったらすぐに拭き取ると作業が
楽です。

メンテナンスクリーナーを塗ったら、すぐに付属の静電気防止クロスまたは柔らかいネル布等で拭き取ってください。

※ボンネット、天井、ドア等部品ごとに塗布と拭き取りを繰り返してください。

お手入れについてのお知らせ

『外的付着物、その原因と対策』についてのお知らせ
 詳細はこちらから

『春のお手入れ(黄砂・花粉)』についてのお知らせ
 詳細はこちらから

『夏のお手入れ(雨染み・虫の死骸・鳥糞)』についてのお知らせ
 詳細はこちらから

『冬のお手入れ(融雪剤)』についてのお知らせ
 詳細はこちらから

シャンプーをご使用の際は、コーティング被膜との相性が良く、泡立ち、泡切れ
にも優れたコーティング車対応カーシャンプーをおすすめします。

容量:480 ml
希望小売価格:オープン

※商品の仕様・デザインなどは予告なく変更する場合があります。
あらかじめ御了承下さい。

※メンテナンスクリーナー及びCPCコーティング車対応カーシャンプーのご購入については、施工されました販売店にお問い合わせ下さい。また、お近くにお取扱店がない場合は弊社まで お問い合わせください。販売店をご紹介いたします。